当ブログは、Twitterが提供している【Twitter API】の機能の一つである「埋め込みツイート」を利用しております。
 → twitte「埋め込みツイート」該当ページ

こちらを利用しての埋め込みツイートはTwitterの利用規約にて認められております。



3. 本サービス上のコンテンツ

ユーザーの権利

ユーザーは、本サービス上にまたは本サービスを介して自ら送信、投稿または表示するあらゆるコンテンツに対する権利を留保するものとします。ユーザーのコンテンツはユーザーのものです。すなわち、ユーザーのコンテンツ(ユーザーの写真および動画もその一部です)の所有権はユーザーにあります。

ユーザーは、本サービス上にまたは本サービスを介してコンテンツを送信、投稿または表示することによって、当社があらゆる媒体または配信方法(既知のまたは今後開発される方法)を使ってかかるコンテンツを使用、コピー、複製、処理、改変、修正、公表、送信、表示および配信するための、世界的かつ非独占的ライセンス(サブライセンスを許諾する権利と共に)を当社に対し無償で許諾することになります。このライセンスによって、ユーザーは、当社や他の利用者に対し、ご自身のツイートを世界中で閲覧可能とすることを承認することになります。ユーザーは、このライセンスには、Twitterが、コンテンツ利用に関する当社の条件に従うことを前提に、本サービスを提供、宣伝および向上させるための権利ならびに本サービスに対しまたは本サービスを介して送信されたコンテンツを他の媒体やサービスで配給、放送、配信、プロモーションまたは公表することを目的として、その他の企業、組織または個人に提供する権利が含まれていることに同意するものとします。ユーザーが本サービスを介して送信、投稿、送信またはそれ以外で閲覧可能としたコンテンツに関して、Twitter、またはその他の企業、組織もしくは個人は、ユーザーに報酬を支払うことなく、当該コンテンツを上記のように追加的に使用できます。

   サービス利用規約 /発効日 : 2017年10月2日



上記にあるようにtwitterの利用規約に基づいて運営しておりますので、ご了承下さいますようよろしくお願い申し上げます。

そうは言っても、当ブログにツイートの埋め込みをする事によって、ツイート主様に不快を感じさせたりすることは本意ではありません。
規約を守っての引用ですが、当サイトでの掲載削除を希望される場合には誠実に対応したいと考えております。
ご連絡を頂ければ早急に対処いたしますので、ツイッターからダイレクトメッセージをお送り下さいますようよろしくお願い申し上げます。